読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばけらったのシャドーボール!

ばけらったがポケモンをする日記

はじめに

当ブログは、ダブルバトルのパーティ紹介やオフレポなどを書いたものとなっております。
フレ戦・ブログリンクは常時募集しています。
ただ、ブログリンクの際は一言言ってくださるとありがたいです。



【自己紹介】
ハンドルネーム:ばけらった(TwitterID:bakerattapoke)
ルール:シングル・ダブル・ポケカ(ポケカ用ブログ:
ばけらったの日記
)


ツイキャスをよくやってます。
内容は
シングル・ダブルレート枠
フレ戦枠
雑談枠
別ゲーム枠
などなど!興味のある方はそちらの方もどうぞ!
http://twitcasting.tv/bakerattabe

【GSダブル】レッドカードドータクン入りグラカイ(generationオフ優勝・カマルオフ使用構築)

どーも、ばけらったです。

先日第4回カマルオフが無事終了し、自分の中でのORAS環境も終わりとなりました。今年のルールについては色々とやり込んだので、その際に生まれたネタ構築なんかも紹介したいところですが先に最後に好んで使っていた真面目な構築を紹介します。一応戦績として

・第1回generationオフ優勝(チーム6-1、個人6-1)
・某対戦シミュレーションレート1700
・第4回カマルオフ3-3予選落ち()

こんな感じでした。以下パーティ紹介のため常体。


【パーティ紹介】

f:id:bakerattabe:20160327135424j:plainf:id:bakerattabe:20160327135437j:plainf:id:bakerattabe:20160327134844j:plainf:id:bakerattabe:20161108230610p:plain
f:id:bakerattabe:20161108230636g:plainf:id:bakerattabe:20161108230623g:plain

ポケモン 持ち物 技1 技2 技3 技4 特性
ボーマンダ ボーマンダナイト ハイパーボイス 捨て身タックル 追い風 守る 威嚇→スカイスキン
ドーブル 気合の襷 ダークホール トリックガード この指止まれ ニードルガード ムラっ気
グラードン 紅色の珠 大地の力 噴火 目覚めるパワー氷 守る 日照り→終わりの大地
ドータクン レッドカード ジャイロボール スキルスワップ 催眠術 トリックルーム 浮遊
カイオーガ 藍色の珠 潮吹き 熱湯 冷凍ビーム 守る 雨降らし→始まりの海
クレセリア オボンのみ 凍える風 草結び スキルスワップ トリックルーム 浮遊

【個別紹介】


ボーマンダ
f:id:bakerattabe:20160327135424j:plain
170-166(4)-135-172(252)-110-189(252)

この構築のメガ枠。グラカイ構築に入るメガ枠としてはガルーラ・ボーマンダクチート辺りが一般的だが、今回は対レックウザ性能が高く、かつ相手のゼルネアスを最も釣れる見込みのあるボーマンダをチョイス。求められる役割は初手での雑な削りがほとんど。

技は相手のトリルがきつくないので吠えるを抜いて守るにした一般的な型。相手のゼルネアスにレッカを踏ませる関係上、守るで稼げるアドが大きすぎるため守るは必須。前述の通りボーマンダに求められるのは初手に置いて相手を雑に削ることなので、ハイボ捨て身で範囲は充分。レックウザをより重くみて追い風を流星群にしてもいいかもしれないが、そうするとただでさえキツめのvsイベルタルが更に辛くなるので考えもの。


ドーブル
f:id:bakerattabe:20160327135437j:plain
131(4)-x-87(252)-x-65-139(252)

このルールの問題児であり僕が最も信頼していたポケモン。選出時はこいつをどれだけ有効に動かせるかが勝敗に直結していた。今回は相手のトリルがキツくないため最速。一応ミラーでダクホぶっぱができる、一応。

技はヘイトを集めるダクホ、初手ガルーラにある程度融通が利き、ターン調整・ムラっ気稼ぎにも便利なニドガ、ドーブルミラーやトリル展開時で最も安定択を置けるトリガと横のポケモンを守ったり狙ったタイミングで退場させるための指ですんなり埋まった。
基本的に不安定な立ち回りが好きではないため、トリガがかなり役立った。個人的に嫌いなスカドーの思考停止ダクホぶっぱも咎められる。前述したドーブルミラーダクホぶっぱは最終手段だと考えている。


グラードン
f:id:bakerattabe:20160327134844j:plain
175-x-180-202(252)-111(4)-156(252)

禁伝枠その1。グラカイというと物理グラードンのイメージがあるが(これは僕だけかもしれない)、今回は特殊最速での運用。基本的にトリル展開をしたい相手にはタクンorクレセ+オーガでほとんどの範囲をカバーできていることから、こいつの役割はマンダと同じく初手での削りと後発から削れた相手を落とすこと。それを鑑みてこいつの役割対象となるポケモンのことを意識すると、命中不安のある物理よりも特殊の方が何かと都合がよくなった。(対象例:ガルーラ・ゼルネアスボーマンダドーブルドータクン)主にドーブル(ほぼこっち)かボーマンダと一緒に初手に投げられていた。

技は一致技の大地の力と噴火。最近は控えめ耐久振りのゼルネアスが多く噴火→ジオコン→レッカ踏んで退場→後続の技の圏内に入る
と特に何もせずゼルネアスが勝手に死にかける流れが多すぎた。あとニドガダメージ+噴火でガルーラは確定で落ちる。ドーブルグラードンの初手は相手のボーマンダに対して無抵抗すぎるため、めざ氷を搭載。一応レックウザにも通る(基本的にカモられるだけなのでほぼ出さないが)。ボーマンダ絡みの選出はめざ氷かダクホのどちらかは通るため基本的に有利に試合を進められたはず。守るはレッカを踏ませる関係で必須。


ドータクン
f:id:bakerattabe:20161108230610p:plain
174(252)-109-137(4)-x-184(252)-34

このポケモンとレッドカードというアイテムをGSの最後に使いたくてこの構築を使い始めた。普段ゼルネアスを使っていると目の上のたんこぶのようなポケモンだったが、使ってみると意外と耐久もギリギリで繊細なポケモンなんだなという印象を受けた。

基本的にゼルネアスがいるときに後発に置き、ジオコンを積んだゼルネアスをレッドカードで吹き飛ばすことを目標に立ち回る。相手が後発にゼルネアスを置いたら腐るじゃん、と言われそうだがこの構築を見ると後発タクンオーガのトリル展開で盤面を返すのが真っ先に想像でき、その際トリル中は無抵抗なゼルネアスを後発に置きづらいという心理を逆手に取っているため結構な確率で初手にくる。その点は他のレッドカード持ちよりもタクンが優れている点だと思う。特性はもちろん浮遊。耐熱は今回は全く意味をなさない。

技はゼルネアスを射程に入れ、ガルーラやボーマンダレックウザあたりも雑に削れるジャイロボールとオーガENDに持ち込むためのトリックルーム、交代を介さず天候を奪うためのスキルスワップと変身ドーブルや複雑な盤面になった際に撃ちにいく催眠術をチョイス。6割で負けを勝ちに変える効果を見込んで採用した面も正直あるが、この構築では勝ち濃厚な場面を勝ち確定に押し上げる使い方のほうが多かった。相手の守るなどでレッカが空振りに終わったときに、レッカを踏んでくれそうな方に催眠を撃ってアドを取るケースもちょこちょこ見受けられた。


カイオーガ
f:id:bakerattabe:20161108230636g:plain
207(252)-x-131(164)-224(28)-181(4)-118(60)

この構築のフィニッシャーになることが多かったポケモン。トリルを介して潮吹きぶっぱをするか、vsグラゼルネの際は厄介なドーブルゼルネアスを処理またはレッカで無力化させて暴れるケースが多かった。Sはクレセリアのこご風から展開することを考慮して一般的なグラカイに比べると速め。耐久ラインはいつものレックウザ意識。グラカイだとキツイとされるオーガレックに対してはこいつがいかに効果的に動けるかが大事。

技は一致技・命中安定の潮吹き、熱湯とキツイボーマンダレックウザを葬る冷凍ビームをチョイス。根源がほしいシーンは全くなかった。基本的に初手で削りを入れた状態からオーガを投げるので火力不足を感じることは少なかったが、初手に投げないといけない場合は火力不足を感じることもあった。マニューラがニドガダメージ+天候なし熱湯で落ちないとは思わなかった。相手のオーガを削れる手段が少ないので雷も欲しいといえば欲しかったがそんな技スペはない。守るはこご風でのS逆転のため必須。


クレセリア
f:id:bakerattabe:20161108230623g:plain
227(252)-x-141(4)-139(252)-150-84

実はGSルールで個人的評価の高かったポケモン。代表決定戦の沼男グラカイライボのときにも入っていたアタッカー気質のクレセ。S操作役が2体いるのは少々異質に映るかもしれないが、こいつがいることでゼルネアスの絡まない構築(=ドータクンが腐る構築)、特にグラカイだと厳しいオーガレックや面倒くさいグラカイミラーでとても有利に立てる。クレセリアは火力が足りないサポート特化だから無視、という印象を逆手にとって相手の禁伝枠をS操作しながらゴリゴリ削っていくのがお仕事。選出時はこいつの横がバタバタ倒される中、1体居座り続けて殴り勝つというケースも多々見られた。


技は役割対象となるグラカイレック意識のもの。こごかぜはS調整技としてとても便利。スキスワトリルはドータクンと採用理由は同じ。クレセのスキスワは相手のグラカイタクンに強い。


選出はここ参照numaoshining.hatenablog.jp。とても綺麗にまとまっている。



常体おわり。



Wゲンシカイキと600族メガの種族値の高さからくる安定感、レッドカードドータクンの奇襲性能、相手のドーブルに非常に強く出れるように調整されたドーブルと、使っていてプレイヤーに自信をもたらしてくれる強い構築でした。優勝したgenerationオフでは1試合ごとに非常に高いレベルで集中できていましたが、カマルオフでは明らかに集中力が足りず、浮遊グラードンに大地を撃つといった初心者のようなプレミを連発してしまいました。グロリアの舞台でこれを使って躍進したいという野望は敗れてしまいましたが気持ちを切り替えてサンムーンで頑張ろうと思いますので、サンムーンでもよろしくお願いします。m(._.)m



今回はここまで。もし何かありましたらコメントかTwitter@bakerattapokeまで〜




Special Thanks!
・沼男さん

【GSダブル】世界大会のお話と振り返り

どーも、ばけらったです。



8/19にサンフランシスコで世界大会のDAY1に参加してきました。結果は1-3でドロップと不甲斐ない成績に終わりました。当日はありえないほど緊張していて情けないプレイングをしてしまいました。緊張していたのも自分に自信が持てなかったから。ドロップした後に悔し涙を流せなかったのもそこまで本気になれていなかったから。全ては事前の練習量が不足していたがゆえの必然だったと今になって振り返っています。


さて、GSを初めてから今日までそれなりに考察はしてきたつもりなのでこれまでのGSの活動報告とまとめをしていきたいなと思い記事を書いていきます。正直自己満足記事ですし、かなり長くなるので興味ない人はブラウザバック推奨です。







そもそも、自分がこのルールを触り始めてから色々な禁伝・色々な構築を使ってきましたが、本線としてきた構築はたった一つでした。
f:id:bakerattabe:20160327134823j:plain
f:id:bakerattabe:20160327135424j:plain
f:id:bakerattabe:20160327134844j:plain
f:id:bakerattabe:20160327134900j:plain
f:id:bakerattabe:20160327135329j:plain
f:id:bakerattabe:20160327135437j:plain


早々にbig6と呼ばれるようになったこの6体。僕はこの6体を大正義オフに参加することになった3月から8月の世界大会DAY1まで使い続けました。選出が固定化されやすいGSというルールで、最も柔軟に選出ができてマッチ戦に向いていると思ったのが最後までこの6体を使い続けた最大の要因でした。
世界大会で使用した構築はそのときの環境の変化に対応するために調整しました。


3月大正義オフ
使用パーティ

ポケモン 持ち物 技1 技2 技3 技4 特性
ガルーラ ガルーラナイト ねこだまし やつあたり グロウパンチ ふいうち せいしんりょく→おやこあい
ボーマンダ ボーマンダナイト ハイパーボイス りゅうせいぐん おいかぜ まもる いかく→スカイスキン
グラードン べにいろのたま ふんか だいちのちから 10まんボルト まもる おわりのだいち
ゼルネアス パワフルハーブ ムーンフォース マジカルシャイン ジオコントロール まもる フェアリーオーラ
ファイアロー いのちのたま フレアドライブ ブレイブバード おいかぜ ファストガード はやてのつばさ
ドーブル きあいのたすき ねこだまし ダークホール このゆびとまれ ワイドガード むらっけ


元々参加の意思はありましたが納得のいく構築がなく、前日まで本気で猫の手ダクホの構築を使うつもりでいました。ただ、わざわざ東京まで来て猫の手して楽しいのかという疑問があったため、当時トップメタだったbig6を急遽使ってみることにしました。
その頃big6で結果を残していたプレイヤーのプレイングを参考にしながら恐る恐るのプレイングでしたがなんとか個人5-2で終えることができbig6への信頼を深めました。




3月カマルオフ
使用パーティ

ポケモン 持ち物 技1 技2 技3 技4 特性
ガルーラ ガルーラナイト ねこだまし やつあたり グロウパンチ ふいうち きもったま→おやこあい
ボーマンダ ボーマンダナイト ハイパーボイス すてみタックル おいかぜ まもる いかく→スカイスキン
グラードン べにいろのたま ふんか だいちのちから 10まんボルト まもる おわりのだいち
ゼルネアス パワフルハーブ ムーンフォース マジカルシャイン ジオコントロール まもる フェアリーオーラ
ファイアロー いのちのたま フレアドライブ ブレイブバード おいかぜ ちょうはつ はやてのつばさ
ドーブル きあいのたすき ねこだまし ダークホール このゆびとまれ ワイドガード むらっけ


あまり間を空けずして自分がスタッフをするカマルオフがありました。大正義オフ以後ひたすらbig6だけを練習したためそれなりに自信はありました。変更点はこの時点でひな形ができていたグラキュレムメガゲンガーにも困らないようにガルーラをきもったまにした点とファイアローの技はよこどりを本線としつつも他の技を試したかったのでちょうはつに。ある程度の結果を出すこととプレイングの精度を上げること、各技の見極めを目標に挑みました。
結果は予選を7-1で1位で抜け、準々決勝で同じくスタッフのYTに敗れベスト8に終わりました。ここで喫した2敗の内訳が

ドーブルダークホールを当てなければいけない方に外したことに起因
グラードンカイオーガドータクンドータクンに有効打が持てずテンポを取られることに起因

でした。上の敗北に関しては当時自分で考えられる限りの立ち回りをして敗れたものなので仕方がないとしましたが、下の敗因はなんとしても修正しなければと思いました。この頃からグラゼルネに対する切り返しとしてドータクンはじわじわと増えてきていて、このポケモンをどうにかしないとJCSは勝ちぬけられないと考え、以降はドータクン入りに対する立ち回りと技、配分の見直しをして勝率アップに努めました。




5月JCS
使用パーティ

ポケモン 持ち物 技1 技2 技3 技4 特性
ガルーラ ガルーラナイト ねこだまし やつあたり グロウパンチ ふいうち きもったま→おやこあい
ボーマンダ ボーマンダナイト ハイパーボイス すてみタックル おいかぜ まもる いかく→スカイスキン
グラードン べにいろのたま ふんか だいちのちから 10まんボルト まもる おわりのだいち
ゼルネアス パワフルハーブ ムーンフォース マジカルシャイン ジオコントロール まもる フェアリーオーラ
ファイアロー いのちのたま フレアドライブ ブレイブバード おいかぜ よこどり はやてのつばさ
ドーブル きあいのたすき ねこだまし ダークホール このゆびとまれ ワイドガード むらっけ

alice-otokonoko.hateblo.jp
↑詳細はこちら。


4月に入ってからかなりリアルが忙しい日が続きなかなかポケモンを触れない日が多く、触れた日も貸出用の別の構築(グラキュレム)を煮詰めていたためbig6は机上で考える程度になっていました。JCSはこれまでの経験値に頼る形になりましたが、終わってみれば
26-6 最終レート1798
という結果でなんやかんやあって予選を抜けられました。

ただ、苦手としていたグラカイタクンには要所で択を通して勝つ、といった感じで安定はしなかったので完成度はまだまだでした。
負け試合もクレセリアドータクンに集中を耐えられトリルからのグラードンで返されるといったケースが多くこのあたりを詰めることを求められました。




6月日本代表決定戦
使用パーティ
alice-otokonoko.hateblo.jp

代表決定戦では自分のグラゼルネでは安定した回答を持つまでに至らなかったグラカイタクンが増えるだろうという予想をしていました。その上でアカヌマくんに協力を仰いだところ「グラカイに勝てるグラカイのプランがある」とのことで、それは自分にとってまさに渡りに船でした。すぐさま詳細を聞きShowdownで猛練習して臨みました。

結果は1-2で3位という形で予選敗退に終わりました。グラカイが多いという予想でしたが終わってみればbigBといわれるグラードンゼルネアスドータクンの構築が多く完全にメタを外してしまいました。自分のブロックもグラゼルネ、グラゼルネ、オーガレックとグラカイは自分だけでうーんといった感じ。代表決定戦のオフレポはパーティがbig6から離れているので割愛。需要があるなら書きます。

ただ、ここで最も勉強になったのは代表決定戦前日にアカヌマくんとゆうだちくんがbig6ミラーのBO3フレ戦をしているところをすぐ横で眺められたことです。とりわけ、ゆうだちくんが使っていたS84へんしんドーブルはグラカイタクンに対する切り返しとして非常に効果が期待できるものでした。誇張を抜きにしてもそれだけで代表決定戦に来た甲斐はあったと言っていいほどの発見でした。


そして、世界大会。ほぼほぼ構築の軸は完成していましたし、そこから大きく変更する必要性も感じなかったため、とにかく立ち回りの練習と各ポケモンの配分に気を配りました。




8月WCS2016 DAY1
使用パーティ

ポケモン 持ち物 技1 技2 技3 技4 特性
ガルーラ ガルーラナイト ねこだまし やつあたり グロウパンチ かみくだく きもったま→おやこあい
ボーマンダ ボーマンダナイト ハイパーボイス すてみタックル おいかぜ ほえる いかく→スカイスキン
グラードン べにいろのたま ふんか だいちのちから 10まんボルト まもる おわりのだいち
ゼルネアス パワフルハーブ ムーンフォース マジカルシャイン ジオコントロール まもる フェアリーオーラ
ファイアロー いのちのたま フレアドライブ ブレイブバード おいかぜ よこどり はやてのつばさ
ドーブル きあいのたすき ねこだまし ダークホール へんしん ワイドガード むらっけ


ガルーラ
181-177-120-x-120-167

前日までふいうちの枠をかみくだくにするか悩み続けていました。個人的にゲンガーとドータクンに対して一つでも崩しの手段を多く持ちたかったのでかみくだくに。ガルドー選出の破壊力が若干落ちますが、とにかくドータクンへのヘイトを優先させました。ガルーラとボーマンダ、どちらのメガ枠を選出してもドータクン入りに対して切り返しの手段を有しているのはBO3において有用だったと思います。


ボーマンダ
170-166-135-172-110-189

JCSまで無邪気でしたが、ミラーの時にハイボ2発で死ぬのがアホらしかったのでせっかちに。ほえるを入れたことでトリルのケアはもちろん、ミラーでマンダゼルネ選出で相手のゼルネアスに吠えるを押せるようになったのもプラスでした。


グラードン
175-x-180-202-111-156

とくに言うことなし。10万ボルト以外の技は全く試しませんでした。今思えば頭が固かったかもしれませんが、それくらい痒いところに手が届く良い技だったと思います。


ゼルネアス
215-x-130-155-119-166(5月JCS)
207-x-132-161-119-166(それ以外)

〜配分〜
B:A232ハチマキレックウザガリョウテンセイ高乱数耐え
A232ゲンシグラードンのWダメだんがいのつるぎ最高乱数切って2耐え
C:D-1メガレックウザをWダメマジカルシャインで確定1発
207-180ゲンシカイオーガを+2ムーンフォースと+2Wダメマジカルシャインで確定
174-176-145ドータクン(A255ゲンシグラードンのWダメだんがいのつるぎ耐え)をガルーラの+1かみくだくと+2ムーンフォースで超高乱数で倒せる
S:最速


技に関してはテンプレ通り。守るを抜いて身代わりとかやってみた時期もありましたが、安定行動できなくなるのですぐ戻ってきました。

その代わり調整を考えました。ゼルネアスミラーで被弾回数が増える・先にグラードンの噴火をもらうなどの理由からゼルネアスは最速信者だったので、最速を維持したまま安心して動かせる耐久・ゼルネアスとしての役割を果たせる火力のつりあいを求めた結果この配分に落ち着きました。JCSの時は相手のメタモンにへんしんされることを嫌って効率を犠牲にしHに多く割いたゼルネアスをつかいましたが、今回のパーティではむしろ自分のドーブルゼルネアスにへんしんすることが散見されたのでBに厚くしています。


ファイアロー
153-133-92-x-89-195

このポケモンは技・配分ともに変更はなし。

海外環境を見ているとクレセリア入りのグラゼルネが多くそもそもファイアロー自体怪しいのではと考えたこともありました。ただ、ミラーでの基本選出として長く使いこみ、そして機能していたため結局抜けることはありませんでした。


ドーブル
162-40-90-x-71-84

耐久ライン:A108レパルダスねこだまし+C172メガボーマンダのWダメハイパーボイスを両方最高乱数以外耐え

ずっと使い続けたねこだましダークホールワイドガードこのゆびとまれの中から泣く泣くこのゆびを切ってグラカイタクンへの切り返しになり得るへんしんを入れました。アカヌマくんがブログに書いているようにガルドーやドーゼル選出にグロパンorジオコンへんしんという勝ち筋が増えたのも◎。

ただ、これも前日まで悩んでいたのがねこだましの枠にトリックガードを入れるかというところでした。日本チャンプのLiarさんのグラレックのようにドーブルでじゃんけんを仕掛けるパーティに対して安定解が置けたり、わけのわからない運負けを減らせるといった点で非常に魅力的でしたが2枚猫による対トリル性能を優先しました。DAY2まで行けばトリガにするつもりでしたが、DAY1であえなく撃沈。トリガなら拾えていた試合が2試合ほどあったので結果、この選択は大失敗でした。

配分については猫持ち+マンダに対して一度突っ張れるように振りました。この指時代の名残でしたが、この配分にするならなおさらトリガでしたね…



さらっと対戦レポートも。

初戦:ディアオーガ。
先発ボルトゲンガー後発ナットオーガが崩せず負け。ガルドーvsボルトゲンガーでトリガが押したくて仕方なかったです。(案の定挑発鬼火でした)


2戦目:オーガレック
2試合ともしっかりとゼルネアスを立てて勝ち。


3戦目:bigC(クレセリア
1戦目:グラアローvsガルゼルネでしめしめと思いながらフレドラ噴火を押したらゼルネ守るガルーラやつあたり→アローで噴火をガルーラに耐えられプラン崩壊。そこからずるずると負け。

2戦目:同じ対面。アローに猫でジオコン→噴火の順に通る。またゼルネアスが守ると読んでガルーラにブレバを押すと今度はガルーラに守られてまたしてもファイアローが落ちて負け。(若干記憶が曖昧です、とにかくガルーラが要所で守って流れが変わったことだけ克明に覚えています)


4戦目:bigC(クレセリア
嫌な負け方をした3戦目と全く同じパーティ。グラアローという立ち回りの軸を失った僕のメンタルはこのとき動揺しきっていました。
序盤有利を取りましたが、ドーブルゼルネアスの択ゲーに負け続けて、またムラっけにもやられ負け。

なかなかに記憶が曖昧です、ゴメンナサイm(._.)m



初めての世界大会は散々な結果で今でも思い返すと萎えポイント高めですが、得られたものもありました。1試合ごとに降りかかるプレッシャーや会場のヒリヒリした感覚を肌で感じられたこと、そして同胞の勝利をその国のプレイヤーたち全員で盛り上がる一体感は心を揺さぶられました。中学から続く友達との旅行も楽しかったですしね。それらを肌で感じられたのはこれからに活かさなければいけません。あと、威張るで盛り上がるのも万国共通なのだなと思いました(笑)


この場でお礼も。世界大会に至るまで構築のアイディアをたくさんくれたアカヌマくんや、調整に付き合ってくれた四留くんや旅行プランを立ててくれたハルトくんを始め、色んな人の協力があって世界大会まで来られたので本当に感謝です、ありがとうございます。




なんだか〆に入りそうな雰囲気ですが、僕のGSはもうちょっとだけ続きます。まだ全国PCLとグロリア予選があるので、そこで世界大会で得たものを活かして結果を残せるように頑張ります。それが終わったら、いままでGSで組んできた没構築やネタ構築・一発芸の数々を供養しようかな(笑)


今回はここまで。めっちゃ長かったですが、お付き合いいただきありがとうございました!来年はもっと喜びにあふれた記事を書きたいと思います!何か聞きたいことや思うところがあればコメントかTwitter@bakerattapokeまで〜

【GSダブル】沼男グラビティスタン【JCS3位→2位】

どーも、ばけらったです。

今回は細部を自分なりにいじった沼男グラビティスタンを紹介します。友人二人にJCSで使ってもらって1人は1813、もう1人も1700越えまでいったので強さは保証します!(自分も使うつもりでしたがキュレムを使えるのがストーリークリア後らしく直前で断念しました>_<)

ちなみに自分は1798で38位でした〜、DAY1頑張ります

【追記】再集計の結果、友人はレート1813で2位に浮上しました。
f:id:bakerattabe:20160525194435j:plain
ついでに自分も26位に繰り上がったので代表決定戦にいけるようになりました、頑張ります^ ^

【使用パーティ】
f:id:bakerattabe:20160505182137j:plain

基本的にはアカヌマくんが公開している沼男グラビティスタンと変わりませんが細かいところを自分の使いやすいように変えています。

まずニクスの技と持ち物。回していくうちにニクスキュレムという初手を作らないことに気づき猫騙しの必要性を感じなくなったため、グラードンの積む隙を作れる光の壁に変更(もう一人の友人は甘えるに変えていました、これはこれで相手のグロパンガルの起点にならない点が優秀)。

持ち物も相手のガルーラがニクスに猫を打ってきたときにこちらのガルーラのけたぐり圏内に押し込めるゴツゴツメットに変更しました。


次にグラードンの炎のパンチ。沼男グラビティスタンではドラゴンクローになっていましたが、ワイガを無視してゼルネアスを削れる手段が欲しいと思ったため最大打点を取れる炎のパンチにしました。ただ、相手のボーマンダレックウザがきつかったのは確かに事実なのでここはもっと煮詰められたかもしれません。


そして最後にガルーラのかみつく。ふざけていると思われるかもしれませんが、至って本気です。このパーティではトリルグラカイタクン系統への回答がないに等しいため、何かしらの対抗策を用意しなければなりませんでした(キュレムドータクンの特性を無視してクロスフレイムを撃てますが、オーガに引かれた瞬間に試合が終わってしまう)。そのため、ガルーラニャオニクスと出してタクンに猫神秘から入りながら威張るかみつくで怯みを狙いつつタクンのトリル展開を止めようと画策しました。実際何度かタクン入りとはマッチングして、かみつく怯みで試合を終わらせたものもありました。そもそもガルーラをあまり出さなかったのでかみつくを披露する機会は少なかったですが(^^;;


選出:ヤミラミ キュレム
グラードン エルフーン
または
ガルーラ ニャオニクス
グラードン エルフーン

基本的にこの2パターンしか出しません。
やることも重力吹雪した後に草笛断崖するだけです。


やることが決まっていてばれていても止めようがない(件の構築晒しbotにこのパーティは晒されましたが終わってみれば最終3位になっています)、こちらが良い運を引きやすいようになっている、ととにかくインターネット大会向きなパーティで楽しかったです。


重力!吹雪!草笛!剣舞!断崖!終わり!勝ち!


今回はここまで。ここまで読んでいただいてありがとうございました。


※再集計中なので順位などに関しての部分は削除しました

3/12 第二回大正義オフと3/23第三回カマルオフ【ダブルバトル】

どーも、ばけらったです。

お久しぶりです、2016年もよろしくお願いします。

さて、3月は東京まで遠征して大正義オフと自身がスタッフを務めるカマルオフの2つのオフに参加してきました!


3/12 第二回大正義オフ
チーム名:武士沢投資銀行西日本支部
チームメンバー:ばけらった しゃなぽけ バンバンバンク


チーム名長すぎ問題。小学生チームが慣れない漢字で武士沢と書く姿は申し訳なさでいっぱいになりました。

ちなみに武士沢というのは日本一のジョッキーです、みなさんも競馬をする際には絶対に買うことをお勧めします。一年に一度あなたに微笑みかけてくれるでしょう。


使用構築
f:id:bakerattabe:20160327134844j:plain
f:id:bakerattabe:20160327134900j:plain
f:id:bakerattabe:20160327134823j:plain
f:id:bakerattabe:20160327135329j:plain
f:id:bakerattabe:20160327135424j:plain
f:id:bakerattabe:20160327135437j:plain



いわゆるBIG6ってやつですね。調整期間が少なく、直前まで全く別のパーティ使おうとしてましたが勝てる気がしなかったので、思い切ってBIG6に手を出しました。プレイングは友人のものを長らく見ていたので全く問題はありませんでした。

結果:個人5-2 チーム3-4
ぶっつけで挑んだと思えばかなりいい結果ではないでしょうか。負け試合も3体しか選出しなかったのと有効急所によるものなので、全く悲観してないし自信がつきました。

横で人生初GSのバンクさんが噴火が雨に消されるのに一々びっくりしてて面白かったです。


東京遠征オフレポは需要とやる気があれば書きます、期待しないでください。



3/23 第三回カマルオフ

使用構築
f:id:bakerattabe:20160327134844j:plain
f:id:bakerattabe:20160327134900j:plain
f:id:bakerattabe:20160327134823j:plain
f:id:bakerattabe:20160327135329j:plain
f:id:bakerattabe:20160327135424j:plain
f:id:bakerattabe:20160327135437j:plain


メンバーこそ同じBIG6ですが細部はかなり違うものになっています。


結果:予選7-1、緑グループ1位通過
準々決勝でYTに敗北

ということでベスト8でした。
まぁスタッフとして予選抜けは最低限の責務かなと思ってたのでよかったです。……え?予選抜けてないスタッフとかいるんですか?(煽)

二次会ガチ勢&予選落ちポケカ勢として参加したつもりが予選抜けちゃってまじか(^^;って感じでした。当初の予定通り二次会もにぎやかにさせてもらいました、一部の方には迷惑かけてたかもしれません、すいませんでした>_<


スタッフとして、一参加者として第三回カマルオフに来てくださってありがとうございました!次回があるかはわかりませんが、よろしくお願いします。



今回はここまでです。
最近ポケモンのモチベが再燃してきたので、世界10位〜の動画シリーズ続編が投稿されるかも…!?



ではでは、ここまで読んでいただきありがとうございました!コメントやご意見ありましたらブログのコメントかTwitter@bakerattapokeまで〜

【全国ダブル】世界10位を目指すダブルレート part3投稿しました!

どーも、ばけらったです。

先日、世界10位を目指すダブルレート part3を投稿しましたのでよかったら見ていってください!
www.nicovideo.jp

そろそろパーティ変えたいんですけどなかなか新しいのができない…
そしてテスト…うぅ…

【全国ダブル】世界10位を目指すダブルレート part2投稿しました!

どーも、ばけらったです。

先日、世界10位を目指すダブルレート part2を投稿したのでよかったら見ていってください!

www.nicovideo.jp

前回よりも音質はマシになっていると思います(^_^;)