読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばけらったのシャドーボール!

ばけらったがポケモンをする日記

【GSダブル】沼男グラビティスタン【JCS3位→2位】

どーも、ばけらったです。

今回は細部を自分なりにいじった沼男グラビティスタンを紹介します。友人二人にJCSで使ってもらって1人は1813、もう1人も1700越えまでいったので強さは保証します!(自分も使うつもりでしたがキュレムを使えるのがストーリークリア後らしく直前で断念しました>_<)

ちなみに自分は1798で38位でした〜、DAY1頑張ります

【追記】再集計の結果、友人はレート1813で2位に浮上しました。
f:id:bakerattabe:20160525194435j:plain
ついでに自分も26位に繰り上がったので代表決定戦にいけるようになりました、頑張ります^ ^

【使用パーティ】
f:id:bakerattabe:20160505182137j:plain

基本的にはアカヌマくんが公開している沼男グラビティスタンと変わりませんが細かいところを自分の使いやすいように変えています。

まずニクスの技と持ち物。回していくうちにニクスキュレムという初手を作らないことに気づき猫騙しの必要性を感じなくなったため、グラードンの積む隙を作れる光の壁に変更(もう一人の友人は甘えるに変えていました、これはこれで相手のグロパンガルの起点にならない点が優秀)。

持ち物も相手のガルーラがニクスに猫を打ってきたときにこちらのガルーラのけたぐり圏内に押し込めるゴツゴツメットに変更しました。


次にグラードンの炎のパンチ。沼男グラビティスタンではドラゴンクローになっていましたが、ワイガを無視してゼルネアスを削れる手段が欲しいと思ったため最大打点を取れる炎のパンチにしました。ただ、相手のボーマンダレックウザがきつかったのは確かに事実なのでここはもっと煮詰められたかもしれません。


そして最後にガルーラのかみつく。ふざけていると思われるかもしれませんが、至って本気です。このパーティではトリルグラカイタクン系統への回答がないに等しいため、何かしらの対抗策を用意しなければなりませんでした(キュレムドータクンの特性を無視してクロスフレイムを撃てますが、オーガに引かれた瞬間に試合が終わってしまう)。そのため、ガルーラニャオニクスと出してタクンに猫神秘から入りながら威張るかみつくで怯みを狙いつつタクンのトリル展開を止めようと画策しました。実際何度かタクン入りとはマッチングして、かみつく怯みで試合を終わらせたものもありました。そもそもガルーラをあまり出さなかったのでかみつくを披露する機会は少なかったですが(^^;;


選出:ヤミラミ キュレム
グラードン エルフーン
または
ガルーラ ニャオニクス
グラードン エルフーン

基本的にこの2パターンしか出しません。
やることも重力吹雪した後に草笛断崖するだけです。


やることが決まっていてばれていても止めようがない(件の構築晒しbotにこのパーティは晒されましたが終わってみれば最終3位になっています)、こちらが良い運を引きやすいようになっている、ととにかくインターネット大会向きなパーティで楽しかったです。


重力!吹雪!草笛!剣舞!断崖!終わり!勝ち!


今回はここまで。ここまで読んでいただいてありがとうございました。


※再集計中なので順位などに関しての部分は削除しました